社員のモチベーションアップは黒字経営から|キャッシュフロー経営実践講座

社員のモチベーションアップは黒字経営から|キャッシュフロー経営実践講座

社員のモチベーションアップは黒字経営から

社員のモチベーションアップは黒字経営から

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

社員のモチベーションアップは黒字経営から

  • 赤字にしてまでやらない
  • 給料を下げてまでやらない
  • 銀行からお金を借りてまでやらない

昨日講演でお話を聞いた株式会社経営支援センターの国吉社長。

17年前に起業される際、この3つのことを決めたそうです。


講演のテーマは「社員の心に火をつける社長の掟」だったのですが、社員のモチベーションを上げるには「やっぱり儲かっていないとダメ」というお話でした。


一方で、日本の企業のうち、黒字の会社は全体の3割と言われています。

もちろん、中小企業の中には節税対策を実施することで、あえて赤字にしている会社もあります。

このため、実質的に黒字の会社の割合はもっと多いと思います。


しかしながら、全体の7割を占める赤字会社において、社員のモチベーションが継続的に高いということは少ないと言わざるを得ません。


国吉社長は銀行借入をしない会社経営を目指されましたが、資金調達をする際にも、基本は黒字経営が前提となります。

そして、その黒字を達成する際にも給料など、必要な支出は確保した上での黒字でないと事業は長く続きません。

赤字で火がつくのは社員の心ではなく、社長のお尻というのが昨日の学びでした。


ところで、よく人材の法則として、2-6-2で、普通レベルの人が6割と言われます。

しかし、国吉社長によると、最近は上場企業でも1-1-8で、ダメな人が8割だそうです。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: モチベーション 黒字経営 資金調達

コメント


認証コード4557

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional