事業を本格的に始めるにあたってやるべきこと(その2)|キャッシュフロー経営実践講座

事業を本格的に始めるにあたってやるべきこと(その2)|キャッシュフロー経営実践講座

事業を本格的に始めるにあたってやるべきこと(その2)

事業を本格的に始めるにあたってやるべきこと(その2)

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

坂の上の雲

「人は生計の道を講ずることにまず思案すべきである。一家を養い得てはじめて一郷と国家のためにつくす」

これは、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の中に出てくる一節です。


日露戦争を勝利に導いた秋山兄弟の兄秋山好古が述べているセリフ。

NHKでドラマ化された時は秋山好古演じる阿部寛さんが、本木雅弘さん演じる弟の秋山真之と話すシーンで使われていました。


これから事業を本格的に始めるにあたって何をしたらよいか

について考えるにあたって、私が最初に申し上げたいのは、まさに秋山好古の言葉です。


起業する方は、

「世の中をよくしたい」

「人のためにもっと役立つ仕事をやりたい」

「この素晴らしい商品を皆に使ってもらいたい」

という高い理想を持っておられます。

しかし、・・・・・


現実問題として、人のため、国のため、世のために、長期にわたって貢献する場合、まずは自分の生活基盤を確立することがベースになります。


仮に、自分の生活基盤を確立するために毎月50万円が必要だとします。

この場合、5年間で必要となる金額は

50万円×12ヵ月×5年=3,000万円

です。

つまり、自分の給料分を除いて5年間で最低3,000万円以上の利益を生む事業をやる必要があります。


多くの起業家は立上げ段階ではなかなか売上が上がらないので、自分の給料は低めに設定して、支出を抑えます。

手元に貯えがあれば、3ヵ月や半年ぐらいは我慢できるかもしれません。

けれども、5年、10年という期間で考えた場合に、自分の生活基盤を支える水準より低い給料ではやっていけないことが分かります。


だから、

「売上→自分の給料」というベクトルで考えるのではなく、
「自分の給料→売上」というベクトルで考える

ことが必要です。



つまり、まだ売上が少ないから給料は月20万円で我慢するのではなく、月50万円の給料を確保するには毎月いくらの売上が必要かを常に考えて行動するということです。


「これから事業を本格的に始めるにあたって何をしたらよいか」の最初のステップは

自分の生活基盤を確保するためにいくら必要なのかを把握する

です。


次回は、自己資金について、お話したいと思います。


ところで、「生計の道を講ずる」ことを最優先にした秋山好古。

その生活ぶりはかなり質素だったようです。

けれども、そこは人それぞれ。

高級マンションに住んで、外車を乗り回すことを生活基盤にするのは本人の自由。

要はその生活を維持できるよう継続して稼げる事業かどうかがポイントです。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 起業 坂の上の雲 生計の道を講ずる

コメント


認証コード3276

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional