会社経営とアイアンマンレースの共通ポイント|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

会社経営とアイアンマンレースの共通ポイント

会社経営とアイアンマンレースの共通ポイント

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

会社経営とアイアンマンレースの共通ポイント

「お腹が空いてからでは遅いんです!」

今月アイアンマンレースに参加されたクライアントさんの言葉です。


水泳:3.8km、自転車:180km、マラソン:42.195kmをこなす過酷なレース。

私は最初の水泳で挫折しそうです(汗)。


各種目をこなす体力作りがベースになりますが、半日間以上
有酸素運動を続けるので、エネルギーをどうやって補充していくか
がレースの鍵を握っているとのこと。


例えば、おにぎりだと食べてから身体のエネルギーとして使える
までに1時間半かかるため、お腹が空いてから食べると、
その1時間半の間にエネルギー切れになります。

このため、消化の良いジェリー等を常備して、定期的に補充していく
ことが求められます。


単に日頃から身体を鍛えるだけでなく、レース中のエネルギーのコントロール
がポイントという訳です。


これは会社経営でもすごく参考になります。

資金繰りで言えば、お金が足りなくなってから動くのでは遅く、
お金が足りなくなる前に対策を打つ必要があります。


商品を売るに際しても、

  • そもそも売れるとは限らない
  • 売れるとしてもすぐには売れるとは限らない
  • 売れてもすぐにお金が入ってくるとは限らない

という状況が普通です。


したがって、おにぎりがエネルギーになるのにタイムラグがあるのと同じく、
商品がお金に変わる際にもタイムラグがあります

同じようにすぐに資金調達できる上場企業と違って
中小企業の場合、資金調達するにしてもタイムラグを頭に入れてマネジメント
しないと途中でガス欠になります。


アイアンマンレースは1日で終わりますが、
会社経営は10年、20年と続いていきます


エネルギーが切れることを前提に前倒しで補充する。


2017年を乗り切るための準備は万全でしょうか?


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード8221

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional