客観的事実と主観的要素を区分する|キャッシュフロー経営実践講座

客観的事実と主観的要素を区分する|キャッシュフロー経営実践講座

客観的事実と主観的要素を区分する:情報伝達(その4)

客観的事実と主観的要素を区分する:情報伝達(その4)

報告書のフォーマットを制定し、客観的事実と主観的要素を区分せよ


関連記事

伝えるべきは要らぬ不安ではなく、必要な情報【成長支援部からの提言(第80話)】

「説明が省かれ、動揺が増幅して伝わるのは成長が止まる会社
 動揺が省かれ、説明が詳細に伝わるのが成長し続ける会社」

伝えるべきは要らぬ不安ではなく、必要な情報

詳細は「伝えるべきは要らぬ不安ではなく、必要な情報」をご覧下さい。


「超キャッシュフロー経営」実践のための100の実践チェックリストの詳細は「こちら」です。

「超キャッシュフロー経営」実践のための100の実践チェックリスト



Tag: 報告書 客観的事実 主観的要素

コメント


認証コード8402

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional