資金繰り表を作って資金繰りが回るための条件|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰り表を作って資金繰りが回るための条件|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰り表を作って資金繰りが回るための条件

資金繰り表を作って資金繰りが回るための条件

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

資金繰り表を作って資金繰りが回るための条件

資金繰り表を作ると資金繰りが回る。

これは、私のクライアントさんにも実際に体感していただいていることです。


また、他のコンサルタントの方にお話をお伺いしても

「資金繰り表を作り始めたら、大きな契約が決まった!」

「資金繰り表を作っている会社は不思議と資金繰りが回っている」

という事例をよく聞きます。


私は「資金繰りが厳しければ資金繰り表を作るのは当たり前」という前提があるので、資金繰り表の作成→資金繰りの改善は、ある意味当然の帰結だと思っていました。


でも、最近あることをきっかけに、資金繰り表を作ると資金繰りが回るというのは人間の本質とつながるもっと奥深いものではないかと気づきました。


脳科学の本には

人間の意識の90%以上は無意識で、普段は使っていない潜在意識が大半を占める

と書いてあります。

だから、潜在意識をもっと活用すれば人は成長できるという訳です。


しかし、潜在意識を上手に活用するためには一つ前提があります。

それは、まず「自分を変えよう」と決めることです。


つまり、自分を変えようという決意がない限り、いくら潜在意識にアプローチしようとしても

「あの時は嫌な思いをしてとってもつらかった」

「あの事を思い出すと今でもはらわたが煮えくりかえる」

というように本質的なところまでは到着できず、かえって落ち込む
ばかりです。


実際、私もいろいろな本を読んで、自分の過去の行動や気持ちを振り返ったことがあります。

でも、心底「自分を変えよう」と決めていない時は、

「上手く行かなかったのはあの会社のせいだ」

「経営者が私の言う通りにしなかった」

「もう少しお金に余裕があればなんとかなった」

というように悪いのは他人に原因があり、自分は悪くないという他者に依存するところに留まっていました。


一方、「自分を変えよう」と決めてから、同じ現象を振り返ると

「A社があんなひどいことをしたのは、ウチのどこが気に入らなかったのだろうか?」

「B社長が私のアドバイスを聞かなかったのは、どんな心理状態にあったのだろうか?」

「お金を使わずにできることは本当になかったのか?」

というようにより深掘りできるようになったのです。


すると、自然と潜在意識が働くのか

「そう言えばA社は昔からえげつない会社という評判だったなぁ」

「B社長はお金が減ってくると、弱気になるタイプだった」

「あの時C社に相談すればなんとかなったかも」

というように今まで忘れていたことや見落としていたことが見えるようになってきました。


結局、資金繰り表を作れば資金繰りが回ると言っても、銀行など誰かに言われて嫌々資金繰り表を作っても資金繰りは改善しません

しかし、経営者が

「このままではダメだ。会社を変えよう!」

と決意して資金繰り表を作ると

一見無機質見える資金繰り表と向き合うことで潜在意識が働いてやるべきことが見えてくる

のです。


決断なくして変革なし

大切なのは資金繰り表をどう作るかではなく、資金繰り表とどう向き合うかです。

★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 資金繰り 資金繰り表 決断

コメント


認証コード1467

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional