資金繰りは日次でもチェックする|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りは日次でもチェックする|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りは日次でもチェックする

資金繰りは日次でもチェックする

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

資金繰りは日次でもチェックする

「ちゃんとウラは取ったのか?」

刑事もののテレビを見ているとよく聞くセリフ。

単に想像や憶測だけでなく、証言や証拠を固めて裏づけを取ったのかと、こうるさいベテラン刑事が一言釘を刺すシーンなんかで出てきます。


融資の申込みがあった際、銀行でも資金繰り表を精査して、場合によっては契約書や請求書などの写しをもらい、「この資金繰りならなんとか借入も返せそうだ・・・」と判断して、融資のOKを出します。

しかし、先月融資を出した取引先が月が替わると、また「来月お金が足りないんですが」と相談に来られることがありました。

ちゃんと資金繰りのウラは取ったはずなのに・・・。


原因もいろいろなパターンがありますが、その一つに

日次と月次の違い

があります。


通常、銀行などに提出するのは月次の資金繰り表です。

つまり、月末残高の推移です。


5月の入金予定は5,000万円、支出予定は5,300万円。
このため、5月末の預金残高は300万円減って、700万円の見込みという具合です。


そして、銀行の審査でも、多くの場合は

月次の資金繰り表でお金が回っていれば日次の資金繰りまではチェックしない

というのが現状です。


けれども、実際には、給料日:毎月25日、大口取引先からの売上入金日:毎月月末ということがあるため、月中で資金が一時的にショートするということも起こりえます。

だから、せっかく銀行から借入できても、翌月から経営者が月中に資金繰りで頭を悩ませているということも少なくないのです。


そういう意味では、会社が把握すべき

資金繰りは日次の裏づけが取れているか

という点がポイントになります。

この点は、お金を出す側はそこまでチェックしないことも多いので、会社自身で必ず確認することが必要です。


名刑事は証拠を一つ一つ積み重ねて真犯人にたどりつきますが、資金繰りの名手になるためには日々の積み重ねはおろそかにできません。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 資金繰り表 月次資金繰り表 日次資金繰り表

コメント


認証コード6708

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional