資金繰りを回す確率を高める|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りを回す確率を高める|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りを回す確率を高める

資金繰りを回す確率を高める

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

資金繰りを回す確率を高める

世の中、なかなか思うようには事が進みません。

先日もある新規先へ向かう電車の中、携帯電話がブルブルッと鳴りました。

電話に出ると、先方の社長さんからです。

「ちょっと急なトラブルが・・・発生したので、今日の打合せは・・・いったん延期してもらないでしょうか」

電車の走行音がうるさくて、なかなかよく聞き取れません。

そうこうしているうちに電車はトンネル中へ。

電波が途中で切れてしまいました。


たまたま急行電車に乗っていたので、次の停車駅まで5分ほどかかります。

ちょっとやきもきしながら、ようやく駅に到着。

改札口を出る前に先方と連絡して、当日の打合せは中止。

折り返しの電車に乗って事務所に戻りました。


アポイントの変更、中止などはよくある話です。

でも、

  • ほぼ確実と見込んでいた案件がダメになった
  • 1年契約のはずが半年で打ち切り
  • 仕様変更が重なってコストが予定の3割増しに・・・

など、会社の収益に直結する場合は「まあ、仕方ないか」では済ませられません。


このため、

資金繰りは思い通りにはいかない

と言えます。

しかし、100%思い通りにはならなくても、考え方、やり方次第では、

自社の目標通りに資金繰りを回す確率を高める

方法はあるのではと考えています。


つまり、思い通りにならないから何もしないではなく、少しでも思い通りにするためのひと工夫です。

次回以降、具体的なお話をしていきたいと思います。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 資金繰り 資金繰りを回す 目標

コメント


認証コード2543

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional