数字に意味合いを持たせる|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

数字に意味合いを持たせる

数字に意味合いを持たせる

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

数字に意味合いを持たせる

「新宿まで15分!」

私の住んでいる調布で、新築物件やマンションを売りに出す時に
必ず出てくるフレーズです。


調布を知らない人からすると、「23区じゃないんだあ」とか、
「多摩川のほうですよね」という感じで、都心からは遠い
というイメージがあります。


新宿-調布間は約15km。

たしかに歩いて帰るにはちょっと厳しいですが、
京王線の特急や準特急に乗ると、あっという間に着いてしまいます。

そこで、都心まで15分と聞くと、案外近いのではという印象に変わります。

不動産業者がついつい15分を強調したくなるのもよく分かります。


さて、銀行交渉では決算書など会社の数字を見せます。

その際、単に「前期の税引き前利益は100万円でした」と説明した場合、
「なあんだ、100万円しか利益が出ていないんだ」と相手に思われる
ケースがあります。


しかし、同じ100万円の利益でも

  • 2期連続赤字だったが、ようやく黒字に転じた!

という場合や、

  • 前々期と比べて、売上は半減したが、同じ利益は確保できた!

という場合、100万円の持つ意味合いは大きく違ってきます


数字にお化粧して見栄えをよくするのは論外です。

でも、数字にどのような意味合いを持たせるかは経営者の工夫次第です。


今は経済環境が厳しく、なかなか良い数字が出にくい時代。

銀行交渉でも自社が努力して出した数字をきちんと相手に理解してもらう
説明力が求められます。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード9483

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional