ジャパネット高田社長の教え|キャッシュフロー経営実践講座

ジャパネット高田社長の教え|キャッシュフロー経営実践講座

ジャパネット高田社長の教え

ジャパネット高田社長の教え

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

ジャパネット高田社長の教え

「どんな商品でも良さを分かってもらうには、プロ意識を持って徹底的に伝える。10回であきらめてはダメ。100回でもダメ。伝え切ったと思った瞬間、絶対に売れる。」

これは、通販番組で有名なジャパネットたかたの高田社長の言葉です。(平成26年1月17日付け「日経MJ」より)


経営危機を防ぐ会社の内部要因として、

「気づく」

の次に大事なことは

「伝わる」

です。


私もサラリーマン時代、「何度同じことを言わせるんだ!」と上司から怒られたことがあります。

しかし、何度、何回という時、その回数はせいぜい1~2回です(苦笑)。


伝える側は「1回言えば分かるでしょう」と思っているのに対し、伝えられる側は、「そう言えば、そんなふうなことを聞いたことがあるかも」というのが関の山。


もちろん、すべてのことが1回で伝わるのは理想。

けれども、高田社長が言うように「徹底的に伝える」ためには 

「10回であきらめてはダメ。100回でもダメ。」

「伝わる」ためには

伝える+諦めずに伝え続ける根気

が必要です。


あなたの会社の中では「その件は昨日メールを送ってますけど」で、大半のことが済まされていないでしょうか?

また、社員の間で「あの上司にはいくら言ってもダメ」という雰囲気がまん延していないでしょうか?


この点、最近はしつこい会社が少なくなっていると感じています。

会社の社内体制が「伝わる」姿勢になっているか

愚直な繰り返しが求められています。


次回は経営危機を防ぐ内部要因の第3ステップについてお話します。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: ジャパネット高田 伝わる姿勢 徹底的に伝える

コメント


認証コード6523

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional