3Dで資金繰りを改善する|キャッシュフロー経営実践講座

3Dで資金繰りを改善する|キャッシュフロー経営実践講座

3Dで資金繰りを改善する

3Dで資金繰りを改善する

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

3Dで資金繰りを改善する

「まずサンプル持ってきてよ」

前職のベンチャー企業の時、取引先からよくこう言われました。

アイデアや商品のデザインだけではダメで、試作品を見せて商品の良さを具体的に実感してもらうということがスタートだった訳です。


しかし、あるデザイン会社の社長によると、「カタログに載せただけで売れてます!」


今や3Dの技術が進歩し、本物そっくりのイメージをコンピューターで作り上げることができます。

すると、

商品を作る
 ↓
カタログに載せる

というプロセスを経ずに

3Dで商品のイメージを作る
 ↓
カタログに載せる
 ↓
注文が入る
 ↓
商品を製造

という形でモノが売れているそうです。


もちろん、その会社のデザイン力が優れているということがあります。

しかしながら、技術の進歩によって、試作品を作らなくても商品の良さを実感してもらうということが現実になっているのです。


試作品を10個作るのだって、お金と時間がかかります。

そして、せっかく手間暇かけて作った商品が売れるとは限りません。

初期投資や在庫負担を3Dで減らす

そんな時代になりつつあります。


私は典型的な文系の人間で技術は大の苦手。

しかし、資金繰りにも関係するとなると、技術のことも少しは学ばなければなりません。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 3D 初期投資 在庫負担

コメント


認証コード0140

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional