経営スピードを支えるもの|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

経営スピードを支えるもの

経営スピードを支えるもの

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

経営スピードを支える経営者の決断力

昨年東証マザーズに上場した会社の経営者の講演を聞く機会がありました。

その後の懇親会でその会社の株式上場をサポートした証券会社の方とお話したのですが、
「A社長は経営スピードが速い」というエピソードを聞かせていただきました。


ベンチャー企業が株式公開する場合、人材の確保や社内体制の整備など、
今まで会社としてできていなかったことを補完する部分がどうしても発生します。

主幹事証券会社が、株式公開に向けて
「こういった人材を揃えて下さい」とアドバイスをしても、
多くの会社は先延ばしにします


人を採用するにしてもコストがかかりますし、
社員として雇うと、人件費の負担も増します。

また、特に管理面での仕事の強化・充実に関しては
売上に直結する訳ではないので、どうしても二の足を踏む傾向にあるのです。

しかし、A社長の場合、証券会社の人が
「実現するのはすぐには難しいかもしれない」と思って行った提案も、
翌月訪問してみると、たいていその通りにできていたそうです。


講演の内容は、成長する事業・組織をどうやって作っていくか
ということでしたが、A社長曰く、
「やはり、それなりのコストがかかります


よく経常利益率で10%を目指せと言われます。

しかし、同じ10%でも上場会社と非上場会社では
余計にかかるコストの内容が違うので、
「非上場会社で経常利益率で13~15%ぐらいないと、上場した後、
 経常利益率10%は達成できない」というご指摘でした。


A社長のお話を聞いていて感じたのは、

コストに対する割り切り方がすごくシンプルだ

ということです。

  • 必要なものだったらお金を使って調達する。
  • 高い品質のものだったら、多少値段が高くても仕方がない。
  • 当初は資金負担も発生するが、長い目で見れば会社の成長にとって必要だ。



株式上場という具体的な目標があったからかもしれませんが、

目標を一日でも早く達成するために必要なコストを迷わず払う

という姿勢が首尾一貫しているため、第三者から見て、
経営スピードが速いと感じられたのだろうと思います。


お金は大事です。

でも、お金を大事に思うあまり、必要なお金をかけずに
貴重な時間を浪費してしまうことは
長期的に見ると、もっと大切なことを失うことになります。

今日あなたが使うお金は経営のスピードアップに貢献しているでしょうか?


ところで、最近ブログでもご紹介している

コアコンセプト・マーケティング

ですが、今月に入って広告を出し始めたところ、アクセス数が一気に増えました。

内容として自信のあるコンテンツなので、
より多くの経営者に知っていただけるよう私もお金を有効に使っていきます!


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード7697

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional