良い商品なのに売れない最大の理由とは?|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

良い商品なのに売れない最大の理由とは?

良い商品なのに売れない最大の理由とは?

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

今月から新たに始めた「1人バイト総務部立ち上げサービス」
について、プレスリリースを配信しました。

お金と時間の配分を見直す

創業して9年以上になりますが、
会社としてプレスリリースを書いたのは今回が初めてです。

どんな反応があるのか、それとも不発に終わるのか(汗)。

いずれにせよ、結果については別途ご報告したいと思います。

ところで、良い商品なのに売れていない場合、最大の理由は

商品が知られていない

ことです。


「ウチの商品はここがスゴイ!」

「他社の商品とは性能が全然違う!」

「価格だってとってもお手頃です!」

と、いくら社長が息巻いても、ほとんど人はあなたの商品を知りません


一方で、いったん認知されると、良い商品であれば、瞬く間に広がっていきます。

以前このブログでもご紹介した株式会社シニア経理財務さん。

テレビ番組「がっちりマンデー」が放映された後、
問い合わせが殺到しているそうです。

私もあるクライアントさんにご紹介したところ、
来月から業務委託がスタートすることになりました。


ブログやFacebook、YouToube動画など今は無料で
いろいろと情報発信できるツールが揃っています。

そして、無料で利用できるツールを使って商品の魅力を広く知らせる
ことに成功している会社もたくさんあります。


けれども、よくよく事情を掘り下げてみると、
無料のツールを使いこなすためにお金と時間をかけているケースばかりです。

つまり、お金と時間をかけてノウハウを蓄積した上で
無料のツールを駆使して、成果を上げています。


そして、

どこかの時点でお金と時間をかけなければ
せっかくのあなたの商品は埋もれたまま

なのです。


実際、私も今回プレスリリースを作るにあたって
お金を投資してコンサルタントの方から学びました。

投資したお金が回収できるかどうかはプレスリリースの反応次第です。

でも、いつまでも
「プレスリリースを配信したいが、どう書いたら良いか分からない」
とウジウジしているよりはずっと良かったと思っています。


資金繰りが安定していない時に

「ここでお金をかけるのはもったいないなぁ」

という気持ちが働くのはよく分かります。


けれども、

商品が知られていない
 ↓
売上が上がらない
 ↓
資金繰りが安定しない

というスパイラルに陥っている時は、思い切って、その悪い流れを断ち切り

商品が知られている
 ↓
売上が上がる
 ↓
資金繰りが安定する

というサイクルに変えていく必要があります。


その際、鍵を握るのはお金よりも時間です。

時間をかけすぎたために、売れるタイミングを逃してしまうと
売上やそこから得られたはずのお金は二度と戻ってきません。


もし、あなたが、
「ウチの商品は本当に良いものなのに、なぜか売れていない」
と、日頃から感じておられるようであれば、

お金と時間の配分を見直す

ことをお薦めします。


長い時間をかけてしまうと、日々の支出でお金を消費してしまいますが、
お金を上手く使えればかかる時間を短縮し、
結果的には手元に残るお金を増やすことができます


それでは、充実した連休をお過ごし下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード5969

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional