お化粧した決算書はいつかはばれる|キャッシュフロー経営実践講座

お化粧した決算書はいつかはばれる|キャッシュフロー経営実践講座

お化粧した決算書はいつかはばれる

お化粧した決算書はいつかはばれる

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

お化粧した決算書はいつかはばれる

以前、事業再生を手がける会社のセミナーに参加した際、一番驚いたのが、
「事業再生の相談に来られる会社の7割が粉飾決算をしていました!」
というくだりでした。


もちろん粉飾決算といってもピンからキリまで。

中には、

  • 5つの取引銀行にすべて別々の決算書を提出していた

という強者(?)もいたようですが、そこまで悪質なケースはまれにしても、

  • 回収見込みの低い売掛金がそのまま計上されている
  • 償却すべき固定資産をきちんと償却していない

といったことまで含めると、いわゆる「お化粧している決算書」を作っている会社が予想以上に多いということが分りました。


私も仕事柄、たくさんの決算書を見てきました。

しかし、銀行がたくさんの融資案件を審査する際、一つ一つの売掛金が本当に回収できるものなのかどうかまで、きちんとチェックできている訳ではありません。


当然、前年度の決算書に載っていた売掛金が今年度もそのまま計上されている場合、「この売掛金はいつ回収できるのですか?」という質問をします。

けれども、例えば、売掛金の内訳が

  • 前期 X社:600万円
  • 今期 X社:500万円

となっている場合、仮に架空の売掛金が300万円混じっていたとしても、伝票のチェックや聞き取り調査を実施してそれをとことん追及することはほとんどありませんでした。


このため、やり方によっては「お化粧している決算書」で銀行から借入することができるかもしれません。

しかし、入浴後に「お化粧を落とした決算書」がまるで別人だと、そのうち銀行も勘付いてきます


おそらく、これが真に問題が大きくなるのは、銀行からも融資を断られ、資金繰りに窮して、先の事業再生会社のような先に相談に行く時なのでしょうか・・・。

決算書は、会社にとっての成績表。

成績は良いにこしたことはありませんが、無理に背伸びをしても、実力が伴っていないと、いつかは実態が分るのも事実です。


まずは、問題を先送りにせず成績をあげることに正面から取組むことが、たとえ回り道でも銀行交渉を成功させる早道です。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 決算書 粉飾決算 事業再生

コメント


認証コード3110

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional