女性の活躍推進は20年遅れ?|キャッシュフロー経営実践講座

キャッシュフロー経営実践講座

もしも林先生が銀行交渉担当者だったら

もしも林先生が銀行交渉担当者だったら

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

林先生が銀行交渉すると手強そうです。

「質問がたくさん出るとがっかりします」

今やすっかり有名になった東進ハイスクールの林修先生。


授業を終わった後、

「何か質問はありますか?」

と聞いて、たくさんの手が上がると、

「生徒が分かっていないということは
 自分の教え方、伝え方が悪かったのか・・・」

と落ち込むそうです。


それだけプロ意識が高いということの裏返しかもしれませんね。


さて、私が知っているある経営者の方も
「銀行からはほとんど質問はありません」とおっしゃっていました。


複数の会社を経営されるA社長。

四半期毎に自分の会社の情報をまとめて銀行に提出されています。


以前私もその資料を見せていただいたのですが、

  • 売上高、利益に関する業況分析
  • 毎月の試算表
  • 銀行別の借入残高推移表

といった数字に関する資料に加えて

  • 各会社の課題とその対策

といったリスク対応に至るまで詳細な資料を作成されていました。


まさに上場会社並みの情報開示で、元銀行員の私が見ても、
「この資料があれば融資の申請書がすぐに書けそう!」
という感じです。


A社長曰く、「成績が良かろうが、悪かろうが包み隠さず報告しています」

すると、定期的に銀行の方から
「そろそろまたウチから借りていただけませんか?
と融資のセールスに来るそうです。


多くの中小企業は、お金を借りたい時だけ資料を作成しますが、
資金調達に成功した後は作成した資料はほったらかしです。


そして、またお金が必要になった時、
あわててゼロから資料を作り直すということを繰り返します。


すると、どうしても不連続が起こるので、

「前回おっしゃっていたあのプロジェクトはどうなりましたか?」

「半年前の計画とだいぶ数字がぶれていますね・・・」

という疑問が残ります。


この場合、当然のことながらたくさんの質問が飛んできます。


一方、A社長の場合は定期的に情報開示しているので、銀行員も
資料を見れば疑問がすべて解消するような形になっているのです。


定期的に情報開示する会社
お金が足りなくなった時だけ情報開示する会社

どちらがよりお金を借りやすいかは一目瞭然ですね。


ところで、林先生も一時期銀行に在職されていたようです。

完璧を目指す先生のこと、もし経営者であれば、
「質問はないでしょっ!」という資料を銀行に提出されるのではないでしょうか。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。

コメント


認証コード6758

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional