ストックとフローのバランスを保つ|キャッシュフロー経営実践講座

ストックとフローのバランスを保つ|キャッシュフロー経営実践講座

ストックとフローのバランスを保つ

ストックとフローのバランスを保つ

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。


今回は3連休があったので、気分を変えて動画も外で撮影しました。

超キャッシュフロー経営のススメ」~お金も貯まると腐る

をアップしました。

お時間を作ってぜひご覧下さい(1分54秒)。


動画の中で

ストックかフローか

という話をしているのですが、一般的に

  • 銀行はストックの商売
  • 証券会社はフローの商売

と言われています。

ストックとフローのバランスが大事です。

銀行は預金としてお金を預かり、それを元手に貸付金という資産で
貸付金利息という利益を上げます。

一方、証券会社は主に株式売買手数料で利益を上げるので、
株式を持ったまま寝かしているお客さんよりも
盛んに株式の売買を行うお客さんの方が好まれます。


これはどっちがいいとか悪いとかではありません。

現に銀行も今や手数料収入の増強に力を入れていますし、
証券会社も顧客の預り資産残高を重視する傾向にあります。


資産をたくさん持っていると、なんとなく「安定している」イメージがあります。

けれども、せっかくの資産もそれを有効活用できなければ利益を生み出さず、
宝の持ち腐れです。


また、フロー型の場合は「常に変動にさらされる」という印象があります。

けれども、余計なものを持たずに身軽な分、いざという時にすばやく行動できます。


昔金融商品で利回りが10%以上ついた時は、

「資産が1億円あれば金利で暮らしていけるなぁ」

と思ったことがありました。


しかし、今や1年物の大口定期預金の金利は0.1%にほど遠い水準(苦笑)。

みずほ銀行の大口定期預金の金利をホームページで調べると0.025%!

これだと1億円を1年間預けてももらえる利息は25,000円にしかなりません。


このため、現在では、資産だけで安定的に食べていけるのは
相当の大金持ちだけです。


さて、会社経営を単純にキャッシュベースで考えると

最初の資本金を元手にどれだけ資産を増やせたか

という運用であるという考え方があります。


1,000万円を仮に年率0.1%で10年間運用できたとすると、単利で計算すれば

1,000万円×0.1%×10年=100,000円

つまり、

1,000万円が1,010万円に増える

ということになります。


そして、これを資本金1,000万円の会社として考えた場合、

「1,000万円で始めた会社が10年経って
 総資産1,010万円の会社になりました!」

と言っても、倒産するよりはましですが、面白くもなんともない訳です。


このため、中小企業が成長していくためには

リスクを取って資産の回転率を上げる

ことがどうしても必要になります。


これをストックとフローに基づいて言えば、

フローを意識しながら、定期的にストックで確認する

ということになります。


資金繰りに関しては、

日々のお金の出入りをきちんと把握しながら、
3ヵ月先の月末預金残高を常にチェックする

という感じです。


お金を減らさないことにこだわりすぎると、
長期的にお金を増やすことにはつながりません。

ストックかフローかの二者択一ではなく、ストックもフローもです。


もし、あなたの会社が毎日頑張っているのに
思ったほど成長できていないと感じているなら、もしかすると、

ストックとフローのバランスが悪い

のかもしれません。


身軽に動いて回転率を上げる

取れるリスクは積極的にとる

という点では中小企業は大企業に負けません。

ストックとフローのバランスを取って会社をより着実に成長させましょう。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: ストック フロー バランス

コメント


認証コード2169

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional