お盆休みは業務を見直すビッグチャンス|キャッシュフロー経営実践講座

お盆休みは業務を見直すビッグチャンス|キャッシュフロー経営実践講座

お盆休みは業務を見直すビッグチャンス

お盆休みは業務を見直すビッグチャンス

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

お盆休みは業務を見直すビッグチャンス

「まだ午前中の配達が20軒以上残っているんです」

汗まみれでやってきた佐川男子が我が家に来てくれたのは午後0時15分過ぎ。

午前中指定で依頼したお水の再配達は外出する直前でした。


一昨日不在通知が入っていたので、電話すると、「今日だとすごく遅くなるんですが・・・」

かなり忙しそうな感じです。

宅配の品物は定期購入している水。腐る訳ではありません。

急いで届けてもらう必要はなく、「では明日の午前中に届けて下さい」と再配達を依頼しました。


しかし、再配達の当日、待てど暮らせどなかなか来てくれません。

また行き違いになって不在配達になるのも面倒です。

そこで、正午を過ぎてから先方の携帯電話宛に電話したのですが、通じません。

やむなく、所管の事務所に連絡したところ、「こちらから連絡をとってすぐに行かせます」

そして、しばらく待っていると、ようやく荷物が届いたのです。


この一連の動きから推測すると、お盆休みでゆっくり休んでいる人も多い中、佐川男子は大忙しです。


原因として考えられるのは、

  • お盆休みなのでいつもより配達する人が少ない
  • 配達先もお休みで不在のところが多いので、配達に時間がかかる
  • 配達する荷物が普段より多い

といったところでしょうか。

本当はご本人に聞いてみたかったのですが、あまりにも忙しそうだったので、聞きそびれてしまいました。


私は最初の勤務先が銀行というサービス業であったため、お盆休みはみんなが交替でとるという体制でした。

お盆休みの真っ最中は取引先も休みのところが多いため、休暇をとる社員が多くても仕事はきちんと回ります。


しかし、たまに、取引先の休みと担当者の休暇が微妙にずれる時があります。

すると、いつもより少ない人数で普段の仕事量をこなすことになるので、引継ぎを受けた社員がかなり忙しくなるということがありました。


この時、休暇を取っている人の普段の仕事ぶりがかえってよく分かります。

取引先ときちんと連絡をとって、いつまでに何をやらなくてはならないかを詰めている人もいれば、書類や資料の整理がいい加減で、そもそもどこに何があるのかよく分からない人もいます。


サービス業などで会社が一斉に休みを取れない場合、お盆休みは業務を見直す絶好の機会です。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 業務の見直し 休暇 サービス業

コメント


認証コード3697

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional