1日5分周りを見る余裕を持つ|キャッシュフロー経営実践講座

1日5分周りを見る余裕を持つ|キャッシュフロー経営実践講座

1日5分周りを見る余裕を持つ

1日5分周りを見る余裕を持つ

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

1日5分周りを見る余裕を持つ

「世界へとつぶやく前に周り見ろ」

第50回目となる京王マナー川柳。

毎回鉄道に関わるマナーを題材に川柳を募集していますが、今回のテーマは「ホームでのマナー」。

冒頭の川柳は学生の部の最優秀作品で、中学生のセンスの良さには脱帽です。


さて、会社経営で成功するには

周りも見えないぐらい一つの事に熱中する

ことが必要だと言われています。

成功者と言われる人の回顧録を読むと

「寝食を忘れるくらい仕事に没頭していた」

といった内容がよく書かれています。


1年365日、時間はすべての人にとって平等である以上、

大事を成し遂げるには熱狂的な集中力が必要

であることは事実。

しかし、一方で

  • 資金繰りをどうするか
  • 社員の処遇は問題ないか
  • 取引先との関係はどうか

といったように、周りを見る余裕も必要です。


たとえ株式が未公開の会社であっても、会社という存在は公器の一つ。

社会という大きなプラットホームの上に立っている存在です。


自社の資金繰りが厳しくなれば、自分の会社はもちろんのこと、仕入先や業務委託先にもその影響はおよびます。

マナー違反はなかったか、1日に5分振り返る心の余裕はほしいですね。


なお、先の京王マナー川柳、一般の部の最優秀作品は

「酒のまずスマホに夢中で千鳥足」

でした(笑)。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 周りを見る 余裕を持つ

コメント


認証コード7773

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional