資金繰りと時間|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りと時間|キャッシュフロー経営実践講座

資金繰りと時間

資金繰りと時間

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

資金繰りと時間

「学力に限りなし、時間に限りあり」

今朝、通勤電車の中で見かけた大手予備校・河合塾のキャッチフレーズです。


明日から12月ですが、大学入試のセンター試験まで今日を入れて残り45日。受験シーズンもいよいよ本格化し、受験生も残り時間との勝負になります。

今まで勉強してきたことを最後の追い込みでどこまで伸ばせるか。

本人にとっても、家族にとってもなんとなく落ち着かない季節ですね。


会社においては、一応決算日はあるものの、それはあくまで便宜上の区切り。

事業を続けている以上、新しい年度になったから、月が変わったから、と言って状況が劇的に変化する訳ではありません。

しかし、資金繰りが回らなくなると、状況が大きく変化してしまいます。


「苦節10年でようやく日の目を見た!」

「長年の苦労が実って商品が爆発的にヒットした!」

というように、

「時間」をかけてようやく成功した事例もたくさんあります。


一方で、

「ビジネスモデルは素晴らしいのに・・・」

「もう少し営業力があれば・・・」

というように、

会社としての実力は充分に備えているのに、その実力を発揮するまでに「時間」がかかり、途中で事業が頓挫してしまうケースも枚挙にいとまがありません。


それぞれの会社、また、その経営者や従業員の実力は本来限りがないはずです。

しかし、短期間で実力を発揮できる会社もあれば、業種や取扱うサービス内容によっては、実力を発揮して成果を上げるまでに、ある程度時間がかかる場合も少なくありません。


受験生の場合は、時間⇔試験日ですが、

会社の場合は、時間⇔資金繰り


そこで、次回以降、限りある「時間」の観点からいろいろと考えてみたいと思います。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 資金繰り 時間 営業力

コメント


認証コード7960

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional