ウォーレン・バフェット氏の着眼点|キャッシュフロー経営実践講座

ウォーレン・バフェット氏の着眼点|キャッシュフロー経営実践講座

ウォーレン・バフェット氏の着眼点

ウォーレン・バフェット氏の着眼点

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

ウォーレン・バフェット氏の着眼点

持続的な成長

初来日したウォーレン・バフェット氏が強調しているポイントです。


世界的にも有名な投資家であるバフェット氏。

日本に来られたのが初めてというのはやや意外な感じですが、割安な優良株への長期投資を信念とするバフェット氏にとって、

長期にわたって成長し続ける会社かどうか

というのが、投資を決める上での重要なファクターです。


高度成長期と違い、今はモノを作ってもなかなか売れない時代。

消費者のニーズも多様化しており、爆発的なヒット商品がなかなかで出ません。

また、インターネットの普及もあり、誰もが簡単に情報を入手できることから、仮にヒット商品が生まれても、すぐに似たような商品が出回ってきます。


大手企業の場合はM&A等を駆使して、市場のシェアを握り、利益を確保することも可能でしょうが、中小企業の場合は、なかなかそうは行きません。

事業を継続するだけならまだしも、事業の成長を続けるというのは並大抵のことではありませんね。


しかし、一方で、100年以上も事業を続けている会社が世界で一番多い国が日本です。


最近、大企業では3~5年の中期計画はあっても、10年、20年単位の長期計画を作ることが少なくなったと言われています。

それだけ、経営環境の変化が激しいという裏返しかもしれませんが、中小企業の場合、株主からの短期的な要求を気にせず、

より長期的な視野に立って会社経営を考える

ことも実行しやすい環境にあります。


いろいろと大きく動いた2011年。

年末にかけて何かとせわしくなる季節ですが、一度じっくりと腰を落ち着かせて30年、50年の長期構想を立ててみる良い時期なのかもしれません。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 持続的な成長 着眼点 ウォーレン・バフェット

コメント


認証コード5927

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional