変動費は売上高に応じては変動しない|キャッシュフロー経営実践講座

変動費は変動しない?|キャッシュフロー経営実践講座

変動費は売上高に応じては変動しない

変動費は売上高に応じては変動しない

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

変動費は変動しない?

会計の本を読むと

原材料費、外注費、配送費、保管料

等を指して、「変動費」とし、

変動費とは売上高の変化に応じて、変動する費用

と説明されているのを見かけます。

しかし、これは、ある意味正しいけれど、ある意味間違っています


勘の鋭い方なら既にお気づきの通り、売上高が減ってもそれに応じて原材料費が減るとは限りません


例えば、原材料費が1個:5,000円のカバンを1個:20,000円で売る場合、100個売れたら

  • 売上高=20,000円×100個=2,000,000円
  • 原材料費=5,000円×100個=500,000円
  • 利益=2,000,000円-500,000円=1,500,000円



しかし、そのカバンの人気がなくて50個しか売れなかったとすると[ケース1]

  • 売上高=20,000円×50個=1,000,000円
  • 原材料費=5,000円×50個=250,000円
  • 利益=1,000,000円-250,000円=750,000円



一方、どうしても100個売りたかったので、10,000円に値下げした場合[ケース2]

  • 売上高=10,000円×100個=1,000,000円
  • 原材料費=5,000円×100個=500,000円
  • 利益=1,000,000円-500,000円=500,000円


 
つまり、同じ、売上高が2,000,000円から1,000,000円に減る場合であっても、

  • 価格が下がったのか
  • 数量が減ったのか

によって、結果は大きく違ってきます。


この場合で言えば、

原材料費は売上高ではなく、数量に応じて変化する

という訳です。


また、そのカバンは仕入先との関係で100個単位で仕入せざるを得ない場合、原材料費として出ていくお金はどちらも500,000円です。


しかし、

[ケース1]の場合は

  • 利益=750,000円
  • 在庫=5,000円×50個=250,000円

[ケース2]の場合は、

  • 利益=500,000円
  • 在庫=0円

同じ売上高1,000,000円でも資金繰りに与える影響は大きく異なります。


今日は数式が多かったので、ちょっと分かりづらかったかもしれませんが、

資金繰りを考える上では数量は絶対に欠かせない

ということは、ぜひ覚えておいて下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 変動費 売上高 原材料費 数量

コメント


認証コード1346

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional