決算書に欠けている二つの要素とは?|キャッシュフロー経営実践講座

決算書に欠けている二つの要素とは?|キャッシュフロー経営実践講座

決算書に欠けている二つの要素とは?

決算書に欠けている二つの要素とは?

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

決算書に欠けている二つの要素とは?

半年ほど前、あるコンサルタントの方に薦められて、

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(日本経済新聞出版社)

を読みました。

34の資質の中から自分の5つの強みを見出し、ビジネスに活かすという内容です。


そして、この本を買った特典として、「ストレングスファインダー」というサイトにアクセスし、本のシリアルナンバーを打ち込むと、自分の強みを診断してもらえるというサービスがあります。

ウェブサイト上に次から次へと出てくる質問に答えていくと、最終的に自分がどういう資質が強いかが分かるという仕組みです。

診断の結果、私が一番強い資質は「分析思考」でした。


さて、「分析思考」の強い私から見ると、

決算書や試算表には経営上大切な「二つの要素」が欠けている

ことが分かります。


それは、

  • 時間
  • 数量

です。

そして、これはいずれも、資金繰りを回していく上で大切なポイントです。


長くなりそうなので、今日はここまで。

次回具体的にお話したいと思います。


ちなみに、先の診断の結果、私の5つの強みは、強い順番に並べると、

  • 分析思考
  • 個別化
  • 慎重さ
  • 調和性
  • 規律性

自分の印象としてはかなりあたっています。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、最新発行分より「超キャッシュフロー経営通信」【UCF】をお送りさせていただきます。ぜひご登録下さい。



Tag: 決算書 時間 数量

コメント


認証コード7401

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional